左手の薬指に婚約指輪や結婚指輪をする理由。

Q7.なぜ左手の薬指にマリッジリングをするの?

婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指にするのが常識となっていますが、ヨーロッパで始まったのは1614年。ローマ典礼儀式書により「結婚指輪は今後、左手にはめるべし」と定められ、誠実と貞節の証としてもっとも左手の薬指がふさわしいとされました。

ではなぜ左手の薬指だったのでしょうか?

心と左手の薬指はつながっている

話は古代ギリシャ時代にさかのぼります。 当時、心臓にはその人の心(感情)の中心があると信じられていました。もちろん心臓の中心に愛もあります。
またギリシャ神話では「左手の薬指には心臓につながる太い血管がある」といわれており、当時は解剖学的にもそう信じられていました。古代エジプトでも同じように考えられていました。
そのため左手の薬指で体に害をなすものに触れると、心臓に信号を伝えるとされ、当時の医師は左手の薬指で薬を混ぜ、毒が入っていなか調べていたほどです。
またヨーロッパ慣習では、指輪を人差し指にはめれば「大胆」、中指にはめると「分別」、薬指なら「愛情」、小指にはめると「傲慢」の印といわれています。
そしてまた途切れないリング(円)は永遠と輪廻の象徴です。
そのため、ふたりの愛が永遠に結びつくために左手の薬指に結婚指輪をはめるようになったといわれています。

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けのしかた

余談ですが、婚約指輪と結婚指輪の正しいつけ方もあります。
結婚指輪は内側に、婚約指輪は外側にはめて、常にふたつ一緒 に身に着けるのが一般的とされています。
それは指輪を交換する際に、一度婚約指輪をはずして結婚指輪をはめ、その結婚指輪を婚約指輪で”永遠の愛の証”としてロックするためです。