結婚指輪と婚約指輪の高品質オーダーメイドQDM

MENU

THE MARRIAGE RING

マリッジリング

FEATUREDMARRIAGE RING

スリーラインペアマリッジリング

プラチナ900

スリーラインペアマリッジリング

¥83,160(Pair price)

キルティングペアマリッジリング(+ダイヤ付)

プラチナ900

キルティングペアマリッジリング(+ダイヤ付)

¥183,600(Pair price)

クラシカルハーフエタニティ&スリーラインマリッジリング(結婚指輪)

プラチナ900

クラシカルハーフエタニティ&スリーラインマリッジリング(結婚指輪)

¥217,080(Pair price)

ミルグレインペアマリッジリング

プラチナ900

ミルグレインペアマリッジリング

¥103,680(Pair price)

サイドメレーウェーブVライン&シンプルストレートペアマリッジリング(結婚指輪)

プラチナ900

サイドメレーウェーブVライン&シンプルストレートペアマリッジリング(結婚指輪)

¥112,320(Pair price)

ABOUTMARRIAGE RING

セミオーダーメイドだからこだわれる、ひとつだけのマリッジリング。

QDMのマリッジリングはデザインとメタル素材を自由にセレクトできるセミオーダーメイドスタイル。プラチナ900、18Kホワイトゴールド、18Kイエローゴールドからお選びいただけます。
結婚指輪は肌身ははなさずつけるものなので、肌の色や普段つけている時計などとの相性も選ぶポイントに。基本的な考え方やご予算をおふたりで話し合ってから、お選びください。

最近のトレンド

日本ではプラチナが人気ですが、西欧ではホワイトゴールドに人気があります。最近では金の価格が高騰しているため、日本でもホワイトゴールドやイエローゴールドに注目が集まっています。
デザインはシンプルな甲丸型が主流ですが、ちいさなダイヤモンドを散らしたリングも人気があります。マリッジリングにダイヤモンドをあしらう場合は、一般的に約0.15Ct前後のものが多く見られます。
さらに、エンゲージリングとの重ねづけも流行のひとつです。マリッジリングと両方を身につけて楽しむ女性が増えてきています。
一方、エンゲージリングを買わずに、その予算をマリッジリングだけにつぎ込んで……という考え方の方もいっらっしゃいます。その場合は、ダイヤモンド入りのゴージャスなリングを選ばれています。

マリッジリングの選びかた

マリッジリングを選ぶ時は、主に女性がリードしているようですが、最近では男性も普段から指輪をつけている方が増えているため、男性も一緒に選びたい方が増えているようです。全体の予算がある中、式は一時、ウェディングドレスもそのとき限り、夫婦の証として、ずっと身につけているのが“マリッジリング”です。
マリッジリングの選び方も近年は多様化の傾向があり、インターネットでデザインや素材を組み合わせて、注文するカップルも増えています。

選びかたの基準

1. お揃いのデザインが欲しい。
2. 妻と夫で別のデザインを楽しみたい。
3. 婚約指輪を買わなかったから、妻にはダイヤモンドをあしらった、少しゴージャスな結婚指輪にしたい。

平均的なご予算

マリッジリングにかける金額はペアで15~25万円が主流の価格帯です。
当サイトでは市場価格の約50%でお買い求めいただけますので、上記のご予算があればさらにワンランク上のジュエリーをお選びいただくこともできます。
基本的な考え方や予算など、このあたりをまず二人で話し合ってから、探し始めるとよいでしょう。その基準をもとに、いくつかのブランドや品物を比較することで、品質と価格のバランスがわかり、スムーズに選べます。 マリッジリングは、毎日身につけるものなので、肌の色や好み、そして普段している時計との相性をチェックするのも選ぶポイントとなります。