婚約指輪選びの前にエンゲージリングについて知りましょう。

Q1.婚約指輪とは何ですか?

婚約の証として男性が愛する女性に贈るリングのことです。

紀元前2世紀の古代ローマの時代から結婚の証として交わされるようになったといわれています。
もともと古代ローマでは誓約のしるしとして鉄の輪が用いられる習慣がありました。
その鉄の輪を婚約の証として女性に贈るようになったのがはじまりといわれています。
当時、男性は指輪を、女性はカメオを送る習慣だったともいわれています。

その後、徐々にゴールドに変わっていき、宝石があしらわれるようになったのは、それから数百年後のことです。

婚約指輪にダイヤモンドが使われたのは1477年。マキシミリアン大使が公女マリーに結婚を申し込んだ時に贈ったリングに、「不屈の力」「永遠」を意味する石、ダイヤモンドが使われたという記録が残っています。 その後永遠に輝きを失わないダイヤモンドがエンゲージリングの定番になりました。