ベゼルセッティングの婚約指輪の特徴・メリットとは

QDM COLUMN VOL.118

最新コラム

VOL.118ゼルセッティングの婚約指輪とは? 特徴・メリットについて

執筆者:山田花子

ふたりの愛を形にあらわす婚約指輪。せっかく選ぶのですから、毎日身に着けたいものですよね。ベゼルセッティングの指輪なら、仕事やショッピング、食事に行く時にも気軽に着けられます。今回はベゼルセッティングの婚約指輪について紹介します。

ベゼルセッティングの婚約指輪の特徴・メリットとは


1.ダイヤモンドのセッティングについて

婚約指輪を選ぶ際、ダイヤモンドの大きさやカッティングに注目する方は多くいらっしゃいます。このほかに、ダイヤモンドを指輪に固定する“セッティング”の種類によって指輪の印象が大きく変わることをご存知ですか? セッティングとは宝石を貴金属で固定することです。このセッティングによって、ジュエリーのデザインをエレガントにもモダンにも変えられるのです。
また、指輪の着け心地、強度や耐久性も変わってくるので、セッティングは指輪選びの重要なポイントといえるでしょう。


2.セッティングの種類

セッティングにはさまざまな種類があります。代表的なものを紹介します。

・立て爪……一粒の宝石を4本~6本の爪で留めています。婚約指輪としてもっともポピュラーなデザインです。

・伏せ込み……宝石の周りを地金で囲み、アーム(指輪の環)に穴をあけて埋め込んでいます。高さや出っ張り部分が少ないデザインです。

・レール留め……2本の地金の間に宝石を埋め込んだデザイン。エタニティリングによく用いられます。

・彫り留め……地金をタガネと呼ばれる特殊なノミを使って彫り、宝石を埋め込みます。引っ掛かりが少ないデザインです。

・ベゼルセッティング……地金で宝石を囲むように台をつくり、その台に宝石をセットする方法。華やかな印象を与えるのが特徴です。


3.ベゼルセッティングのメリット・デメリット

【ベゼルセッティングのメリット】
・衣類などへの引っ掛かりが少ないため、普段の生活でも気兼ねなく身に着けやすい。
・宝石を地金でしっかりと囲っているため、傷がつきにくい。
・ボリュームがあるデザインなので、見た目がおしゃれで華やかな印象を与える。
・宝石がしっかりと留まるのでアクティブなシーンでも着けやすく、男性にもおすすめ。

【ベゼルセッティングのデメリット】
・宝石にかぶさるように地金が囲っているため、宝石が小さく見える、または光を取り込みにくい。
・難易度の高い加工のため時間がかかったり、金額が高めになったりする場合も。



ベゼルセッティングは引っ掛かりがないので、普段使いにぴったりです。婚約指輪を「普段着に似合わない」、「気軽に着けられない」とタンスの中で眠ったままにしてはもったいないですよね。いつでも付けていられるベゼルセッティングの婚約指輪を検討してみてはいかがでしょうか。


※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

公開日:2019.08.21

株式会社 ディアマン
代表取締役社長 片柳 宗久

東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル 1207

事業内容:
結婚指輪・婚約指輪、その他ダイヤモンドジュエリーの販売/直営インターネット通信販売サイト“QDM”(キューディーエム)の運営/宝飾販売ASPサービスの運営、企画

バックナンバー

Close