婚約指輪のお返しするのは、どういうタイミング・時期?

QDM COLUMN VOL.33

最新コラム

VOL.33 婚約指輪のお返しの時期は?

婚約指輪は以前、結納時に記念品として結納金、結納品と一緒に贈られるものでした。 結納後も結納金の半返しと言われるお返しと一緒に、記念品のお返しとして物を贈り、両家の間でつながりの中かわしていくものです。

婚約指輪のお返し

以前という書き方をしましたが、最近はプロポーズの時に指輪を渡す人も多くなってきました。お返しの時期に関しては結納をする方は、結納のタイミングでするのが良いと思います。結納をしない場合は食事会等をする場合はその時に、相手をご家族に披露する時に渡すのが良いと思われます。

お返しをしないと言うときは、旦那様になる方がいらない、新生活に充てようと行った時は必要ないかもしれません。誤解のないよう、二人でよく話をしてください。
女性にアンケート取ってみると、半分くらいの人がお返しをしているようです。

<男性のほうが稼いでいるので3割くらいでお返しをした>
<残るものが良いので彼が昔から欲しいと言っていた時計を無理して渡した>
<元々婚約指輪貰っていないので返していない>
<貰った指輪がいくらの物かわからないので、何割で返したかわかりません>

と様々でした。

結婚は二人だけでするものではありません。相手の家族がしきたりを重んじるところであれば、結納や、お返しなんかもしっかりと準備したほうが良いのかもしれません。自分の周りも、色々な人に聞かないとかえって極端になってしまい、スタートからつまずいてしまいます。婚約指輪のお返しは、結婚する相手との話し合いをしっかりして、必要な準備を行う事で円満に進んでいきます。

時期と書きましたが、絶対に決まったものではありません。どんな商品にするのか、いくら位にするのか、お返しを贈るのか、結納をするのか、婚約指輪を渡すのはいつなのか、家族はどういう結婚スタイルを望んでいるのか、結婚に対して二人がどう思っているのか様々な観点があります。その中で必要な事を、適した時期に行う事が大切です。

婚約指輪のお返しを考える時期は、他に決めないといけない事も多く、流されてしまう方も多いです。指輪を貰った時の気持ち、贈った側の気持ちそれらを考えてお返しを考えてください。
QDMの店舗で指輪をご購入頂きますと、レイジースーザンのポイントが付いてきます。通常はご購入金額の5%が付いてきます。誕生日月やポイントアップデーをうまく使うと更に5%が付いて、合計10%となります。このポイントでお返しを送ってはどうでしょうか?旦那様があれって?思うかもしれませんが(笑)
※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close