結婚指輪を選ぶ時の注意点。サイズはピッタリを選ぶべきか、大きめを選んでおくべきか?

QDM COLUMN

最新コラム

VOL.10 結婚指輪を選ぶ時に指のサイズはピッタリ?それとも大きめ?

中には婚約指輪や結婚式はしなくて結婚指輪だけ買って結婚する人もいるみたいです。
結婚指輪を買う時には指のサイズを測って結婚指輪を作るのですが、ただ測って作るよりも、実際にサンプルを試着してみて購入されることをオススメします。
さらに言うと、その試着もある一定期間貸し出しをしてくれる素晴らしいサービスをしている結婚指輪専門のブランドも人気が出ているので、そういうお店から借りたサンプルで実際生活をしてみることで、使用感がわかると思います。

QDMのサイズゲージ、サンプルリングの無料貸出し

何がわかるのかというと、人間の指は朝と夜でもむくんだりして太さが変わったりもありますし、季節により夏と冬では大きくサイズが変わると言われています。ちょっと外してみようと思っても、指にはピッタリでも関節でつっかえたりということもあり得ます。
指太いと気にしている人もいれば、指は太くなくてもスポーツなどで関節がゴツゴツしていて気にしている人もいます。

プラスティック製のリングサイズゲージを無料提供してくれる店舗もあるので、様々な時間で指の太さを測ることをお薦めします。ピッタリだと思った指輪がキツくなったり、逆にちょっと大きめかな?と思っていたら夕方などのむくむ時間帯でちょうど良かったりなんてこともありえます。
体が太ると指輪のサイズも変わるイメージってありますが、よっぽど別人レベルまで太らない限り、ちょっとキツくなったりゆるくなったりということはあっても、まったく指輪が入らないとか、急にブカブカになるということはないと思いますので、結婚指輪の購入はピッタリのサイズで買うことをオススメします。
そして店頭で測ったり、ひもなどで測ったサイズで注文するのではなく、無料貸し出しサービスがあるお店の場合は、一度何日かお試しすると安心です。
※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close