ダイヤモンドや誕生石のクリーニングなどお手入れの方法

QDM COLUMN VOL.60

最新コラム

VOL.60 石付きの結婚指輪・婚約指輪を手入れするコツ

夫婦の絆や愛が込められた結婚指輪や婚約指輪は、いつまでも美しい状態をキープするためにも、こまめにお手入れをして大切に扱いたいですよね。
とくに、ダイヤモンドなどの宝石付きの結婚指輪や婚約指輪を購入した際には、指輪のデザインに凹凸や溝があるため、汚れが気になりやすいもの。こまめなお手入れが必須ともいえますが、強く擦ったり磨いたりしてしまうと、傷がつくだけではなく宝石の劣化にもつながることがあります。いつまでも美しい状態をキープしながらも、傷や劣化を防ぐためには、上手なお手入れ方法をマスターすることが大切です。そこで今回は、石付きの結婚指輪・婚約指輪をお手入れするコツをご紹介します。

石付きの結婚指輪・婚約指輪を手入れするコツ


・衝撃に強いダイヤモンドリングもお手入れ時は丁寧に!

結婚指輪や婚約指輪にあしらう宝石の定番といえば、無色透明の美しい輝きを誇るダイヤモンドが挙げられます。ダイヤモンドは宝石の中でもとくに強度が高く、衝撃などにも強い石であることが有名です。天然の鉱物で最も硬いともいわれていますが、間違った方法でお手入れをすると、傷んでしまうこともあるため注意が必要です。


・手軽にできる! 石付き指輪の基本的なお手入れ方法

石付き指輪の汚れが軽いものであれば、毛質が柔らかい歯ブラシに中性洗剤をつけて磨くだけでキレイに落とすことができます。リングの凹凸部分や溝にはとくに汚れが溜まりやすいため、小刻みに歯ブラシを動かして汚れをかき出しましょう。磨き終わったあとは水でしっかりと洗い流して柔らかいタオルやガーゼで水気を拭き取り、直射日光を避けて乾かしてください。


・頑固な汚れが付いている場合のお手入れ方法

歯ブラシで磨くだけでは汚れが落ちない場合には、ぬるま湯に少量の中性洗剤を溶かし、その中に5~10分程度浸しておきましょう。時間が経ったら指輪を取り出し、毛質が柔らかい歯ブラシや綿棒などを使って汚れ部分を磨きます。最後は水でしっかりと洗い流し、基本的なお手入れ方法と同じように水分を拭き取ったら、完全に乾くまで日陰干しをしましょう。


・誕生石のお手入れ方法も要チェック!

結婚指輪や婚約指輪に誕生石を取り入れた場合には、さらに注意してお手入れをする必要があります。結婚・婚約指輪の定番宝石であるダイヤモンドに比べ、その他の宝石は水や摩擦に弱いものがあります。とくに、パールやオパール、エメラルド、トパーズ、ターコイズなどは水や刺激に弱い宝石です。普段から刺激や摩擦がないように身に着け、こまめに乾いた柔らかい布で拭き取る程度のお手入れを行いましょう。


こまめにセルフのお手入れをすることで大切な指輪の輝きを保つことはできますが、頑固な汚れがついたり、購入してから時間が経ったときにはプロの手によってクリーニングをしてもらうという方法もあります。アフターサービスを利用して、美しい状態をキープしましょう。


●QDMの結婚指輪・婚約指輪を取り扱う全国のレイジースーザン各店舗では、アフターサービスを承っております。お手入れのお悩みなど、何なりとご相談ください。



※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close