結婚指輪の選び方は「肌の色」に着目?その理由とポイント

QDM COLUMN VOL.59

最新コラム

VOL.59 肌の色に合う結婚指輪・婚約指輪の選び方のポイント

人それぞれ似合うメイクや洋服が異なるように、結婚指輪や婚約指輪も人によって似合うものは違います。いつまでも大切に愛用するためには、自分の肌によく馴染んでくれる色味の結婚指輪や婚約指輪を選ぶことが大切です。肌の色に合った結婚指輪や婚約指輪は、手元をより明るく美しく演出してくれます。
今回は、肌に合う結婚指輪と婚約指輪の選び方のポイントをご紹介いたします。

肌の色に合う結婚指輪・婚約指輪の選び方のポイント


・パーソナルカラーに基づいて選ぶ

自分の肌の色に似合う結婚指輪や婚約指輪を手に入れるために、パーソナルカラーに基づいて指輪の素材を選ぶという方法があります。
パーソナルカラーとは、肌や髪、瞳の色や顔立ちから導き出した“自分に似合う色”のこと。「スプリングタイプ」「サマータイプ」「オータムタイプ」「ウィンタータイプ」という4つに分けられていて、それぞれ似合う色が異なります。一体自分や彼女はどのタイプに当てはまっているのか簡単にチェックしておきましょう。
スプリングタイプやオータムタイプの方は、肌がイエローベースなのでイエローゴールドの素材がおすすめです。一方、サマータイプやウィンタータイプの方は、肌がブルーベースなので、白銀カラーのホワイトゴールドやプラチナがよく似合うでしょう。


・日焼けの仕方で選ぶ

パーソナルカラーは白銀色が似合うウィンタータイプでも、日頃から日焼けをしていて小麦肌をキープしているという方もいるでしょう。
この場合、本来の肌の色は白くても普段が小麦肌であれば、ホワイトゴールドやプラチナではなくイエローゴールドを選ぶのが正解です。こんがりと日焼けした健康的な小麦肌には、同系色のイエローゴールドが肌に馴染み、お互いのよさを高めあってくれます。
その一方で、肌が白い方にはホワイトゴールドやプラチナなどのカラーがおすすめです。もともとホワイトゴールドやプラチナは日本人の肌によく似合うといわれていますが、色白の方が身に着けると、より肌馴染がよく指にマッチします。透き通るような肌の美しさを一層高め、上品で女性らしい印象を引き立ててくれるでしょう。


結婚指輪や婚約指輪は夫婦にとっての大切な宝物です。心から気に入ったものを手に入れるためには、デザインや着け心地などに目が向きがちですが、肌に似合う素材の選び方にも注目することが大切です。
また、彼女にプロポーズをするためにサプライズで婚約指輪を用意するという男性は、指輪選びにはとくに慎重になる必要があります。女性にとって、彼から贈られる婚約指輪は何よりも大切なもの。大切な婚約指輪をさらに気に入ってもらうためには、彼女に似合うものを選ぶことがポイントになります。婚約指輪の購入の前には彼女の肌タイプをしっかりと見極めて、指輪の選び方の1つの要素として役立てましょう。


●QDMの結婚指輪・婚約指輪はプラチナ/ホワイトゴールド/イエローゴールドをご用意しており、お好みに合わせてお選びいただけます。婚約指輪は、ご予算に合わせたダイヤモンドを、お好みのリングデザイン・素材と組み合わせるセミオーダーが可能です。オンラインサイトで簡単に御見積が可能です。是非、お試しください。



※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close