Vラインの結婚指輪の特徴とメリットとは?

QDM COLUMN VOL.75

最新コラム

VOL.75 Vラインの結婚指輪の特徴とメリットとは?

永遠の愛や絆を込め、夫婦の証として身に着ける結婚指輪。 一生身に着けるものだからこそ、購入の際にはデザインや素材選びに迷ってしまいますよね。選択肢がたくさんあるからこそ、ついあちこちと目移りしてしまいますが、スムーズに結婚指輪選びを行うために、まずは「指輪の形」を決めるという方法があります。
結婚指輪の主な形は、ストレート・Vライン・ウェーブの3種類。どれもそれぞれ魅力がありますが、指をキレイに見せたいという場合には「Vライン」を選ぶのがおすすめです。 今回は、Vラインの結婚指輪にフォーカスして、特徴やメリットをご紹介します。

Vラインの結婚指輪の特徴とメリットとは?


Vラインの結婚指輪の特徴とは?

リングの形がアルファベットの「V」を描くようになっている結婚指輪を「Vライン」といいます。一般的なストレートラインなどに比べるとデザイン性が高いという特徴があるため、個性が欲しいという方におすすめです。
また、Vラインの切れ込みの深さによってもイメージが変わり、浅いVだとエレガントでやわらかな印象に、深いVだとスタイリッシュでクールな印象になるのも特徴です。


Vラインの結婚指輪を選ぶメリットとは?
■指を細く見せてくれる

Vラインの結婚指輪はシャープな形をしているため、相乗効果によって指を細く見せることができます。 また、Vラインの結婚指輪を身に着けるとV字の部分に視線が集中することも、指を細く見せてくれる理由の1つ。スッキリとした形のVラインが強調されることで、指を華奢なイメージにしてくれるのです。指が太くぽっちゃりとしていることにお悩みの方には、嬉しいメリットといえるでしょう。


■指を長く見せてくれる

Vラインの婚約指輪は、縦のラインを強調して指を長く見せるというメリットもあります。 切り込みが深いほど縦のラインが強調されるため、指が短いことにお悩みの方は、Vの形がハッキリとわかるものを選びましょう。 また、指の短さに加えて太いことにお悩みの方は、リングの幅を細くするのも大切なポイントです。リングの幅を細くすることで、指全体を華奢に見せることができます。 結婚指輪を選ぶときにはデザインだけでなく、リングの幅の太さにも注目しましょう。


■ダイヤモンドの装飾が映える

ダイヤモンドといえば婚約指輪というイメージがありますが、最近では結婚指輪にもダイヤモンドをあしらう方が増えています。 Vラインの結婚指輪は通常の状態でもデザイン性が高いのが魅力ですが、ダイヤモンドをあしらうことで、より一層華やかな印象に仕上がるのです。V字のデザインに合わせてダイヤモンドを埋めこむと、流れるような美しいVラインの形が強調され、結婚指輪の存在感がアップします。



デザイン性が高いVラインの結婚指輪は、婚約指輪との重ねづけをすると、オシャレな雰囲気になるのも特徴の1つです。 魅力たっぷりのVラインの結婚指輪に2人の幸せな未来を託しましょう。



※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close