結婚指輪の選び方、8箇条をお教えします。ネットや情報誌で調べるのと併せてご参考に!

QDM COLUMN VOL.27

最新コラム

VOL.27 結婚指輪の選び方は?

結婚指輪は二人でずっと着けるものだと思います。当然全然違う人生、生活、趣味、金銭感覚等を送って来た二人が同じ趣味のものを選ぶのですから、凄く重要です。

まずお話ししたいのは選ぶ前の話し合いや、リサーチが一番大切になります。最初から全てを決める必要はないですが、やみくもにお店に行っても時間ばかりかかってしまい、選び疲れから雰囲気が悪くなるカップルを時々お見掛けします。

結婚指輪選びの悩み

どんな感じのものが好みなのか、値段はいくらぐらいで考えているかを話し合ったうえでお店に行った場合は店員さんに伝えると良いです。
人気のあるお店は予約を取ったほうが良いという風に書いてありますが、あまり積極的な接客が苦手の人も多く、予約なしで大丈夫なお店を選んだり、ネットで購入する人も増えています。アメリカではネットで購入はかなり一般的になってきているようです。

選び方ですが、下記に簡単に記述しておきます。
1、素材(プラチナ、金等)日本ではプラチナが人気ですが、海外だとホワイトゴールドが人気です。
2、ブランドを重要視するか?当然ブランドになると値段が上がります。当社ですと市場価格の50%程度になるケースも多く、ランク上の物が選ぶことも可能です。
3、太さ(幅によって見える雰囲気が変わります)もちろん幅が太くなると素材の量も多くなりますので、金額も上がる事もあります。
4、石(ダイヤモンド等)を付けるか?最近は婚約指輪の代わりに結婚指輪にダイヤを入れるケースも増えています。
5、納期目安 選ぶ商品によっても納期は変わりますのでいつまでに必要かは決めておいたほうが良いです。
6、アームの形 アームの形をどうするかでデザインの方向性はかなり違います。ネットや情報誌で事前に見ていて実際に着けた時にどう見えるか、イメージと違わないかが大事です。
7、既成、オーダーメイドのどちらにするか?オーダーメイドはお金も時間もかかります。最近はデザインと素材を選ぶセミオーダーが人気です。
8、金額 最近はペアで15万円~25万円位が主流の価格帯になりますが弊社ですと市場価格の50%程度安いのでワンランク上のものを選べます。

上記あたりを、ある程度話をして、ネットや情報誌を見ながらこんな感じが良さそうだよね等話をしていると決めやすいと思いますし、色々相手の好みがわかってきます。男性は適当に君に任せるよなんて言わないほうが良いですし、女性は男性が選びやすいように事前の下調べが重要になると思います。

ネットや情報誌で見て気に入ったものがあったらサンプルを送ってもらうのがお勧めです。
やはり着けてみないとわからない事もあります。私たちも一生着けて頂くものは納得して気に入って頂いた商品を選んでいただきたいと思っています。
お二人に指輪交換の写真を送って頂いた時は本当に嬉しい瞬間です。
※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close