婚約指輪と結婚指輪、重ねづけしやすいデザインって?

QDM COLUMN VOL.120

最新コラム

VOL.120婚約指輪と結婚指輪の重ねづけにおすすめのデザインは?

執筆者:山田花子

近年では、普段から婚約指輪を身につけ、結婚指輪との重ねづけを楽しむ女性が増えています。せっかくの大切な指輪ですから、肌身離さず身につけておきたいですよね。
しかし、婚約指輪のデザインによっては、普段使いや重ねづけに向いていないものもあります。重ねづけを楽しむためにも、デザインの選び方を知っておきましょう。

婚約指輪と結婚指輪の重ねづけにおすすめのデザインは?


1.重ねづけしやすい婚約指輪の選び方

婚約指輪を結婚指輪と重ねづけする場合、どんな選び方をすればよいのか気になりますよね。お気に入りのデザインというだけで選んでも、つけたときに違和感があるかもしれません。重ねづけする指輪の選び方をチェックしましょう。


2.セットの指輪をチョイスする

最近では、指輪の重ねづけが一般化していることから、あらかじめ重ねづけすることを想定して、結婚指輪と婚約指輪がセットになったものが販売されています。
もともとセットになっているものであれば、しっくりとマッチし、手元をおしゃれに彩ってくれます。「センス良く指輪を選ぶのに自信がない」「迷わずに選びたい」という方におすすめです。


3.結婚指輪と同じ素材にする

結婚指輪と婚約指輪をそれぞれ別で購入するときには、同じ素材で統一するとまとまりやすくなります。プラチナやゴールドなど、素材によって色はもちろん、耐久性や価格が異なるので、より自分に合ったものを選んでからデザイン選びに移りましょう。

4.デザインを統一させる

指輪のデザインを同じ形にすることでも、すっきりとまとまりやすくなります。シンプルな重ねづけを楽しみたいならストレートのデザインを、個性やデザイン性を前面に押し出したいならウェーブ上のデザイン、指を長く見せたい場合はV状のデザインを選ぶとよいでしょう。

5.エタニティリングを選ぶ

婚約指輪をエタニティリングにして、華やかな印象を与えるという方法もあります。 エタニティリングは、アーム部分全体に小粒のダイヤモンドを装飾した贅沢なデザイン。360度から光を受けてキラキラと輝き、高級感のある手元を演出してくれます。
これなら結婚指輪がシンプルな場合でも、美しく豪華に見せることができます。



婚約指輪と結婚指輪の重ねづけには素敵な意味があるのを存知ですか?  2つの指輪を重ねてつけるときには、結婚指輪を下にして、その上から婚約指輪を重ねます。これには、婚約指輪で永遠の愛を留めておくという意味が込められているのです。
指輪に込められた意味について考えながら、自分にあったデザインの婚約指輪の重ねづけを楽しみましょう。


公開日:2019.09.23

株式会社 ディアマン
代表取締役社長 片柳 宗久

東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル 1207

事業内容:
結婚指輪・婚約指輪、その他ダイヤモンドジュエリーの販売/直営インターネット通信販売サイト“QDM”(キューディーエム)の運営/宝飾販売ASPサービスの運営、企画

バックナンバー

Close