結婚指輪を買うなら、品質を落とさず金額が安いリーズナブルなお店で選びたい。納品などに間に合うように、事前に準備しましょう。

QDM COLUMN VOL.25

最新コラム

VOL.25 結婚指輪を買うなら金額が安いリーズナブルなお店で選びたい

結婚式が決まり、これから結婚式を控えているカップルというのは、二人が左手に一生つける結婚指輪のデザインや品質には(個人差はありますが)こだわると思います。男性であればあまり興味がないという人もいるかもしれませんが、女性にとって結婚は子供のころからの憧れという人もいますし、形として残って、結婚してから毎日目にするであろう指輪にはこだわりたいという人も多いのです。最近では、昔ほど高級ブランドや超高額な結婚指輪にこだわる人は少なくはなっていると思いますが、高級ブランドや超高額な金額にこだわらなくなったというだけであって、安物でもいいとか、高級ブランドが嫌いという訳ではありません。

一昔前は情報が少ない時代だったので、誰もが同じ商品を買う傾向がありましたし、実際に誰でも知っている有名ブランドの方が誰からも憧れの目で見られるという優越感もあったりして、高級ブランド=誰もが憧れる存在という価値観がありました。しかし近年では個性や自分らしさなど、人と違っていても自分が満足出来たらいい。もしくは人と同じじゃ嫌だという価値観を持つ人が増えていて、むしろ有名ブランド=人と同じでかっこわるいとか個性が無いと感じる人も増えてきたようにも感じます。

そういった個性や自分らしさにこだわる人たちが増えてきた事で、オーダーメイドやセミオーダーメイドの需要は高まってきていて、人と同じ結婚指輪やエンゲージリングではなく、自分たちだけのオリジナルのオーダーメイドやセミオーダーメイドの結婚指輪やエンゲージリングを購入するカップルも増えています。
そして、こだわるのはデザインだけではなく、最近では品質にこだわる人も増えています。しかし品質にこだわる=高い指輪を買うとか、高級ブランドの指輪を買うではなく、純粋に品質を見極める力が高まっています。これはインターネットなどの情報が、今では誰でも手に入るようになったことで、昔であれば値段が高い=高品質、値段が安い=低品質という安易な判断しか出来なかった消費者が、様々な情報から商品を見極める力を身に着けたというのが値段やブランド名だけで判断しなくなった理由です。

HIGH QUALITY

プロポーズをして結婚をすることが決まったカップルが次に考えるのが結婚式をいつやるかとか、どれ位の費用の式を挙げるべきか、その後の新居はどうするか?などですが、結婚式を行うのであれば、その前に行わなければいけないのが結納です。結婚式の日取りを決めながら並行して結納の時期も決まってくると思いますが、結納時や結婚式の際に指輪の交換を行うのが一般的ですので、その時までには結婚指輪を購入しなければいけません。最近ではリーズナブルな値段であっても高品質な結婚指輪を扱うブランドも出てきており、明らかに他の高級ブランドや有名ブランドと同等のクオリティの指輪なのに値段が圧倒的に安いということから、値段やブランド名よりもリーズナブルで自分たちの好みに合った高品質な指輪を扱うブランドで購入するカップルが増えているのです。
※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close