妊娠中に婚約・結婚指輪を購入する場合に気を付けるべき点をお教えします。

全メニュー

QDM COLUMN VOL.47

VOL.47 妊娠中の婚約・結婚指輪の購入はどこに気を付けたらいい?

一生の宝物となる婚約指輪や結婚指輪を選ぶときにはいろいろと悩むものですが、花嫁が妊娠中の場合にはさらに慎重になる必要があります。 婚約指輪や結婚指輪は、夫婦の愛や絆を表す大切な宝物。長く愛用するためにも、女性が妊娠中の場合の上手な選び方をマスターしましょう。

妊娠中の婚約・結婚指輪の購入はサイズ選びを慎重に。QDMならご購入後の変更も可能です。


妊娠中にはサイズ選びに気を付けて

婚約指輪や結婚指輪を購入するときには、デザインや素材などたくさんの悩むポイントがありますが、特に妊娠中に気を付けなければならないのが“サイズ選び”です。
妊娠中は、普段よりも体がむくみやすいという特徴があります。妊娠中はジャストサイズだった指輪でも、出産をしてしばらくするとサイズが合わなくなってしまうということも珍しくありません。婚約指輪や結婚指輪を購入するときには、妊娠中と出産後の体型の変化をきちんと考えることが大切です。


サイズ変更ができるデザイン・お店を選んで
妊娠中に婚約指輪や結婚指輪を購入するときには、購入後にサイズ直しを受け付けているお店で選ぶのがおすすめです。サイズ直しが可能であれば、出産後にサイズが合わなくなっても、そのときの指のサイズに合わせて調節をすることができます。ほんの少し指輪が大きいという程度でも、歪みや変形、紛失などにつながる可能性もあるため、サイズ直しをお願いしましょう。
また、指輪をサイズ直しするときに重要となるのがデザインです。パヴェやエタニティリングなどのダイヤモンドが敷き詰められているデザインのものは、石が取れやすくなったり、大幅なサイズ直しができない可能性があります。妊娠中の婚約指輪や結婚指輪選びをするときには、あとあとサイズ直しがしやすいようなものを選ぶことも大切なポイントです。

●QDMでは、結婚指輪・婚約指輪をご購入の方に、初回に限りお使いいただける「お直し無料券」をお付けしております。是非、ご活用ください。


出産後も安心して使える指輪を選ぶためには、妊娠中ではなく出産後に購入するというのも1つの方法です。どちらが自分たちにとって最適だといえるのかをよく考え、慎重に選びましょう。


※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。