婚約指輪を2人で選ぶメリットとは?

QDM COLUMN VOL.77

最新コラム

VOL.77 彼女の好みを尊重! 婚約指輪を2人で選ぶメリット3つ

プロポーズといえば、男性が女性に内緒で婚約指輪を購入し、サプライズで行うものというイメージを持つ方も多いでしょう。
しかし最近では、婚約指輪は自分の目で確かめながら2人で選びたいという女性が増えています。男性からすると、彼女の驚いた顔を見るためにもサプライズで用意したいところですが、実は婚約指輪を2人で選ぶのにはさまざまなメリットがあるのです。 具体的には、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。早速チェックしてみましょう。

彼女の好みを尊重! 婚約指輪を2人で選ぶメリット3つ


1. 彼女の本当の好みを尊重することができる

小さな頃から婚約指輪に憧れ、いつか素敵な花嫁になることを夢見ていたという女性は多いもの。男性が考えているよりもずっと、女性の婚約指輪に対するこだわりや思い入れは強いのです。ダイヤモンドの配置や形、数、リングのデザインなど、すべてにおいて自分の好みに合わせて選びたいと考えている女性は少なくありません。
サプライズで婚約指輪を贈る場合、彼女の細かなこだわりまで気づくことは難しいですが、2人で選ぶことで彼女が心から納得するものを贈ることができます。 婚約指輪を贈る側の男性からしても、高価な買い物をするのであれば彼女が心から気に入ったものを贈りたいと思いますよね。彼女の本当の好みを尊重することができるのは、2人で婚約指輪を選んだからこそのメリットです。


2. 彼女の指のサイズにぴったりな婚約指輪が手に入る

あらかじめ彼女の指のサイズを測っていても、指輪のデザインによってはフィット感が異なる場合があります。一般的に、リングの幅が太いものはきつく感じ、細いものは緩く感じるため、ジャストサイズの指輪を選ぶためには本人が身に着けてみることが必要になります。 婚約指輪は一生の宝物になる特別なアイテムです。長く愛用するものだからこそ、彼女の指に最適な指輪を選ぶことが重要です。


3. 婚約指輪を2人で選ぶ瞬間が大切な思い出になる

サプライズで婚約指輪を贈る瞬間は、男性にとっても女性にとっても特別な思い出になりますが、2人で仲良く婚約指輪を選ぶ瞬間も同じくらい大切な思い出になります。
肩を寄せてさまざまな指輪を眺め、試着を繰り返して最高の婚約指輪を見つけたときの彼女の笑顔はダイヤモンドと同じくらいに輝いていることでしょう。2人で悩みながら婚約指輪を選んだ日は、お互いにとって特別な記念日になり、婚約指輪を見るたびにそのときの記憶が蘇ります。これも2人で婚約指輪を選ぶメリットといえるでしょう。



婚約指輪を2人で選ぶと、さまざまなメリットを得ることができます。婚約指輪選びの日を特別なイベントとして過ごし、一生の思い出として残してみてはいかがでしょうか。


※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close