結婚指輪の刻印はハワイ語がおすすめ! おすすめ例5つ

QDM COLUMN VOL.83

最新コラム

VOL.83 2人だけの特別な言葉。ハワイ語で刻む結婚指輪の刻印メッセージ

結婚指輪に刻む刻印は、記念日や2人のイニシャルを選ぶカップルが多いですが、オリジナリティのあるメッセージを選択するのもおすすめです。
中でも、ハワイ語のメッセージは音の響きがやわらかく、特別感もあるため結婚指輪の刻印に最適です。2人の絆や愛を表すハワイ語のメッセージを結婚指輪に刻んでみませんか? たくさんあるハワイ語の中でも、とくにおすすめの言葉を5つご紹介いたします。

結婚指輪の刻印はハワイ語がおすすめ! おすすめ例5つ


1.ハワイ語の定番! 「Me ke aloha」

ハワイ語の中で最も有名といえる「Aloha」という言葉が入っている「Me ke aloha(メ ケ アロハ)」。
Alohaには愛や愛情という意味があり、Me ke alohaは「愛を込めて」という意味になります。シンプルな言葉ですが、純粋に相手を思う気持ちが感じられ、結婚指輪の刻印にぴったり。全9文字なので、短すぎず長すぎないところも刻印におすすめの理由です。


2.変わらない愛を願って・・・「No na Kau a Kau」」

夫婦とは、一生をかけて相手を支え、いつまでも愛し合うものです。そんな夫婦のあるべき姿を表しているのが「No na Kau a Kau(ノ ナ カウ ア カウ)」。
日本語にすると「今もこれからも永遠に」という意味になり、シンプルながらも夫婦にとって大切な言葉といえます。この先、長い結婚生活ではさまざまなことが起こりますが、結婚指輪に刻まれたこの言葉を目にするたびに初心に戻ることができるでしょう。


3.シンプルな文字を希望なら! 「Kuuipo」

なるべく短い言葉でメッセージを刻みたいというカップルには、「Kuuipo(クウイポ)」がおすすめです。たった6文字の短いハワイ語ですが、「私の大切な人」「私の愛しい人」という意味があり、結婚指輪に最適な言葉といえます。
このハワイ語は字数が少ないので、記念日や夫婦のイニシャルと組み合わせることもできるのが嬉しいポイントです。


4.結婚指輪の内側に願を込めて・・・「Pilialoha」

「いつまでもお互いのことを尊重し、愛情を与え合えるような素敵な関係を続けていきたい……」このようなカップルにおすすめなのが、「仲のいい2人」「愛し合っている夫婦」という意味を持つ「Pilialoha(ピリアロハ)」です。
夫婦にとっての宝物になる結婚指輪の内側にこの言葉を刻んで、何年経っても変わらずにお互いを愛し合うことを誓いましょう。


5.ハワイでよく使われる言葉 「Me ka mahalo」

生涯を共にする夫婦にはお互いを思う愛情や信頼が大切ですが、相手に対する感謝の心も忘れてはいけません。そんな重要なことを思い出させてくれるのが、「Me ka mahalo(メ カ マハロ)」というハワイ語です。この言葉には「感謝を込めて」という意味が込められていて、ハワイでは手紙の最後に書くなどしてよく使われています。
相手や相手の家族、これまで2人が歩んできた歴史など、2人に関わるすべてのことに感謝をする気持ちを忘れないよう、この言葉を選んでみてはいかがでしょうか。


夫婦の証であり、2人の絆や愛を表す結婚指輪。ただでさえ大切なものですが、2人だけの特別なメッセージを刻むことで、より重要な宝物になります。 やさしい響きと素敵な意味を持つハワイ語のメッセージを刻んで、世界に1つだけの結婚指輪を手に入れましょう。


※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close