結婚指輪の鏡面仕上げとは? 特徴とメリットをチェック!

QDM COLUMN VOL.90

最新コラム

VOL.90 結婚指輪の鏡面仕上げとは? 特徴とメリットをチェック!

夫婦の証であり、一生の宝物になる結婚指輪。同じようなデザインでも素材やリングの幅で印象が変わりますが、仕上げの方法によっても指輪の表情は大きく変わります。 結婚指輪の仕上げ方法を大きく分けると、鏡面仕上げとマット仕上げの2種類です。 今回は、キラキラとした輝きが美しい鏡面仕上げにフォーカスをして、その特徴とメリットをご紹介いたします。

結婚指輪の鏡面仕上げとは? 特徴とメリットをチェック!


結婚指輪の「鏡面仕上げ」の特徴とは?

結婚指輪の鏡面仕上げとは、リングのアーム部分を鏡のように磨き上げて光沢をもたせる仕上げ方です。ピカピカの状態に磨き上げるので、その光沢は本物の鏡さながら。物が映りこむくらいにまで磨いて加工していきます。 とても艶やかな仕上がりになるので、上品な雰囲気を醸しながらゴージャス感も漂わせることができます。左手の薬指でキラリと光り、結婚指輪の存在感を存分にアピールできるのが特徴です。


結婚指輪を鏡面仕上げにするメリットとは?~素材本来の輝きを引き立てることができる

鏡面仕上げは、研磨機器と研磨剤を使ってリングの表面を磨き、輝きを引き立てる仕上げです。プラチナやゴールドなど、素材によって柔らかさが異なるため、それぞれの素材によって研磨の方法や研磨剤の使用量を調整していきます。 そのため金属本来の色や輝きが引き立ち、その素材ならではの自然の姿を楽しむことができます。


結婚指輪を鏡面仕上げにするメリットとは?~結婚指輪の存在感が高まる

結婚指輪は、常に身に着けておくのが一般的です。そのため、手を動かすたびに結婚指輪が目に映り込みますが、鏡面仕上げにすることで素材の輝きが高まるため、指輪の存在感も大きくなります。キラキラと輝きを放つ結婚指輪が目に入るたびに、夫婦の絆を再確認することができるでしょう。


結婚指輪を鏡面仕上げにするメリットとは?~ダイヤモンドとの相性が◎

ダイヤモンドといえば婚約指輪というイメージがありますが、最近では結婚指輪もダイヤモンドをあしらったデザインが人気です。
日常的に身に着ける結婚指輪ですが、メレダイヤなどの小さなものを埋めこみでセッティングすることで、取れてしまうなどのリスクを抑えることができます。 そして、このダイヤモンド付きのデザインは、鏡面仕上げとの相性が抜群です。ダイヤモンドが放つ最高級の輝きと鏡面仕上げのツヤが折り重なって、高級感をグンと高めてくれます。日頃から身に着ける結婚指輪だからこそ高級感や贅沢感が欲しいという方にこそ、ダイヤモンドと鏡面仕上げのコラボがおすすめです。



鏡面仕上げで結婚指輪を磨き上げると、その素材の本来の魅力が高まるだけでなく、光の反射による美しさも楽しむことができます。結婚指輪を薬指にはめて手を動かすと、角度によって光り方が異なり、さまざまな表情を見せてくれますよ。 輝きあふれる鏡面仕上げの結婚指輪を手に入れて、夫婦の未来も輝かせましょう。

※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close