ウェーブデザインの結婚指輪の特徴

QDM COLUMN VOL.100

最新コラム

VOL.100 ウェーブデザインの結婚指輪の特徴とは?

夫婦間の愛を誓い合い、その証として身に着ける結婚指輪。長い結婚生活を共にするものであり、夫婦にとっての大切な宝物だからこそ、本当に気に入ったものを購入したいですよね。
とはいえ、結婚指輪のデザインは意外にもたくさんあります。いざ購入しようと店舗へ足を運んでも、デザインの多さに決めかねてしまう方も少なくありません。 運命の結婚指輪に出会うためには、あらかじめ結婚指輪の種類やそれぞれの特徴を知っておくことが大切です。
そこで今回は、人気のデザイン「ウェーブ」にフォーカスをして、その特徴についてご紹介。どのようなメリットがあるのか、どのような指に似合うのかなど詳しく掘り下げてチェックしてみましょう。

スローウェーブマリッジリング K18イエローゴールド


1.結婚指輪の人気デザイン「ウェーブ」の特徴とは?

結婚指輪のウェーブデザインは、指輪のアーム部分がS字やU字などにカーブしているものをいいます。緩やかに大きな曲線を描いているので、一般的なストレートのデザインよりも立体的な形になっているのが特徴です。
「シンプルすぎる指輪ではなくデザインに動きが欲しい」「指輪に立体感を加えて存在を強くしたい」という方に人気のデザインといえます。 派手になりすぎることはなく、上品さやエレガントなイメージが漂うデザインです。


2.ウェーブデザインの結婚指輪にはどんなメリットがある?

流れるようなウェーブデザインの結婚指輪は、視覚的に指を細く長く見せてくれるというメリットがあります。ストレートラインの指輪は指の太さや長さを際立たせますが、ウェーブは緩やかな曲線美により、指がスラッと細長く見えるのです。そのため、手元を美しく見せたい女性に人気のデザインといえます。
しかし最近では、男性でもあえてウェーブデザインを選ぶ方もいます。奥様と全くのお揃いにするためという理由はもちろん、ウェーブデザインを選ぶことで他の方とかぶりにくくなるのです。これもウェーブデザインの大きなメリットといえるでしょう。


3.ウェーブデザインの結婚指輪が似合うのはこんな人!

ウェーブデザインの結婚指輪は、基本的にどんな指にもマッチしてくれます。 もちろん、指輪の幅や素材などによっても見え方は異なりますが、緩やかな曲線は細い指にも太い指にもなじみやすいのです。
中には、指が短いなどのコンプレックスを持っている方もいると思いますが、そんな方にこそウェーブデザインの結婚指輪が最適です。ウェーブによって指が長く見えるので、バランスよく身に着けることができるでしょう。



ウェーブデザインの結婚指輪は、ストレートに並ぶほど人気の高いデザインといえます。 とくに女性がウェーブデザインの結婚指輪を選ぶ場合、メレダイヤと組み合わせたものをチョイスするケースが多いです。ダイヤモンドがついていることで、ウェーブのラインがより強調されて立体感や存在感がアップするのです。
ウェーブデザインの中にも種類がたくさんあるので、ぜひ実際に目で見たりご試着をしたりしてみましょう。レイジースーザンでは高品質お手頃価格の結婚指輪を多数ご用意しております。お客様のご希望に沿ったご提案もできますので、結婚指輪のご購入をお考えの際はぜひお立ち寄りください。

※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close