婚約指輪は普段使いしてOK? 婚約指輪を身に着けたいタイミング

QDM COLUMN VOL.107

最新コラム

VOL.107 婚約指輪は普段使いしてOK? 婚約指輪を身に着けたいタイミング

婚約指輪は女性にとって特別な宝物となるアイテムです。価格も高額であることから、普段はなかなか身に着けず、箱の中に保管しているという方が多いもの。
しかし最近では、婚約指輪をあえて普段使いする方が増えています。大切なものだからこそ日頃から身に着けて、いつも近くに感じていたいという考えが広がっているのです。
とはいえ、ダイヤモンドが輝くきらびやかな婚約指輪を身に着けるときにはTPOに合わせることも大切です。
そこで今回は、婚約指輪を普段使いするときの適切なタイミングについてご紹介いたします。

婚約指輪は普段使いしてOK? 婚約指輪を身に着けたいタイミング


■婚約指輪の普段使い、どのタイミングで身に着けるのがいい?
お呼ばれした結婚式に参加するとき

親族や友人知人の結婚式に参加する際は、ドレスアップをするのが基本です。
キレイなドレスに身を包んだら、服装に合わせてアクセサリーも豪華なものにする必要があります。そこで活躍してくれるのが婚約指輪です。ダイヤモンドがキラリと輝く婚約指輪を身に着けることで、全身の装いが華やかになります。
結婚式の参列者が美しい装いをすることで結婚式に華を添えることができるでしょう。


彼のご実家に訪問するとき

婚約指輪を日頃から身に着けることは、高額な指輪を贈ってくれた彼に対しての礼儀ともいえます。そのため、彼のご実家に訪問するときにも、婚約指輪を身に着けることをおすすめします。彼のご両親が左手の薬指に光る婚約指輪を見れば、きっと喜んでくれることでしょう。
また、婚約指輪を身に着けることで、いつでも結婚当初の初々しい気持ちを思い出すことができ、彼への感謝を忘れずにいられます。夫婦仲を保つためにも婚約指輪が役立ってくれるのです。


夫婦や友人知人とお出かけをするとき

夫婦でのお出かけはもちろん、友人知人と遊びに行くときなどもぜひ婚約指輪を身に着けましょう。シンプルな婚約指輪であれば、ドレスアップをしていないときの服装でもマッチしてくれます。カジュアルな服装にあえてダイヤモンドを合わせて、エレガントな雰囲気をプラスするのも素敵ですよ。
婚約指輪を身に着けるときには、ネックレスやブレスレットなどの他のアクセサリーは極力シンプルに抑えるのがポイントです。そうすることで、婚約指輪の存在を引き立てることができます。



結婚式以来、婚約指輪がタンスの肥やしになっているというケースは意外にも多いもの。
傷をつけたくない、紛失させるのが怖いという気持ちもありますが、丁寧に扱っていればあまり心配することはありません。
いつまでもキレイな状態をキープしたいのであれば、定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。全国に展開するレイジースーザンでは、婚約指輪のメンテナンスを承っております。クリーニングはもちろん、サイズ直しなども受け付けておりますので、ぜひご利用ください。


※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close