結婚指輪の刻印

QDM COLUMN VOL.142

最新コラム

VOL.142結婚指輪の刻印、おしゃれからユニークなものまでご紹介

コラム執筆者

株式会社ディアマン代表取締役社長 片柳宗久

株式会社ディアマン
代表取締役社長 片柳 宗久

慶應義塾大学卒業後、株式会社ミキモトにて世界各地で仕入れを経験。その後、ミキモトアメリカ株式会社ミキモト装身具においても要職を務め、最年少で株式会社ミキモトの商品部長となる。上質な商品を見極める力には定評がある。2010年、株式会社ディアマンの代表取締役として、婚約・結婚指輪の通販サイトQDMを設立。

執筆者:片柳 宗久

指輪を購入した方の半数以上が結婚指輪に何かしらの刻印を入れています。しかし、刻印といっても何を彫ればいいのかわからない、という方も多いでしょう。結婚指輪は長く使うものですから、後悔しない刻印を選びたいですよね。ここでは、結婚指輪のおしゃれな刻印や、ユニークな刻印をご紹介しますので、参考になさってください。

結婚指輪の刻印


結婚指輪のおしゃれな刻印

まずは結婚指輪の刻印でおしゃれなものをご紹介します。



イニシャルの刻印はおしゃれで定番

結婚指輪の刻印は、シンプルなイニシャルが定番となっています。

・from A to B
・dear A
・A&B
・A♥B

などが定番です。イニシャルにすれば文字数もすくなく、シンプルでおしゃれ。これなら長く使う結婚指輪に刻印しても飽きがこないはず。

結婚記念日+イニシャル

イニシャルだけでは物足りないという方のなかには、結婚記念日も併せて刻印するのがおすすめです。ここでいう結婚記念日とは、入籍をした日のことです。

・2000.01.01 from A to B
・2000.01.01 A&B

これなら、大切な記念日を忘れずにいられるというメリットがあります。

英語メッセージも定番

短文の英語メッセージも定番でおしゃれな刻印です。具体的にどんなメッセージがあるのか、見てみましょう。

・with love(愛をこめて)
・just for you (あなただけに)

などです。結婚相手への想いを刻印のメッセージに乗せるなんて素敵ですよ。

結婚指輪の刻印でユニークなものとは

高いお金を払って購入した結婚指輪。これから先、何年も愛用していくことでしょう。せっかくなら、自分たちの個性を出して、結婚指輪の刻印はユニークなものにしたいとお考えの方もいるかと思います。ここでは、ユニークな刻印の具体例を紹介します。

・ban on fool(浮気禁止)
・non refundable(返品不可)
・love at first sight(一目ぼれ)
・invited a lot(くどきまくった)

などはいかがでしょうか。どれもユニークで強いメッセージ性があります。特に「返品不可」は指輪が返品不可とも捉えられますが、結婚相手を返品不可とも捉えられ、非常にユニークなメッセージです。

結婚指輪の刻印


結婚指輪の刻印には、ルールやマナーがあるのか

結論から先に申し上げますと、結婚指輪の刻印にはルールやマナーはありません。カップルが自由に刻印することができます。刻印を入れる場所にも、特に決まりはありません。結婚指輪の内側、外側に彫ることが可能です。ただし、リングの外側に彫る場合は、スペースに限りがあります。お店によって、刻印には制限があるので、あらかじめ調べておくと良いでしょう。一般的には、結婚指輪の刻印は内側に入り、外側に彫る方は少ないと言えます。外側に彫る場合は、普段から刻印が目につくため、後悔することもありますので、注意しましょう。



結婚指輪に刻印を入れるときの注意点

さて、結婚指輪に刻印を入れようと思ったとき、何に注意をしたら良いのでしょうか。後悔や失敗をしないために、事前に注意すべきことをご紹介します。

刻印できる文字数を確認する

リングの内側や外側のスペースには限りがあります。そのため、刻印できる文字数に限りがあります。長いメッセージを考えていたのに、いざお店にオーダーしたら、断られてしまうということもあり得ますので、事前に文字数を確認しておきましょう。

スペルが間違っていないか確認する

英語メッセージはおしゃれですが、スペルが間違っていたら台無しです。一度彫ってしまったら修正は難しい刻印。長く使い続けるものでもあるため、オーダーする前に、もう一度スペルが間違ってはいないか、結婚記念日に間違いはないか、確認することをおすすめします。

後悔しない刻印を選ぶ

この先、10年、20年と長く着用していく結婚指輪。刻印は指輪と共にあり続けますので、慎重に刻印を選ぶようにしましょう。ユニークなものは個性があり素敵ですが、後々になって後悔がないように注意しましょう。

購入店舗で刻印サービスがあるか確認

結婚指輪を販売している店舗では、刻印サービスを実施していることが多いですが、サービスがない場合もあります。無料で刻印を行っているお店もあれば、有料のお店も……。無料で刻印をしてもらえると思っていたのに実は有料だったなど無いよう、事前に確認すると良いでしょう。

結婚指輪に刻印を入れるメリット

多くの人がリングの内側に刻印を入れますが、その刻印は普段はほとんど目につきません。それでもなぜ刻印をリングに入れるのでしょうか。それはメリットがあるから。ここでは、結婚指輪に刻印を入れるメリットをご紹介します。

結婚記念日を彫れば、忘れにくい

うっかり結婚記念日を忘れてしまった…!新婚当初はそんなことがなくても、結婚生活を重ねると起こり得ます。このようなうっかりを予防するためにも、指輪に結婚記念日を刻印するという方もいらっしゃいます。

オリジナリティが出る

カップルのイニシャルや名前を彫ることで、たとえ既製品の指輪であっても「自分たちのもの」というオリジナリティが出ます。

愛着が増す

結婚指輪の刻印は簡単に消えません。これから先何十年と残り続けるメッセージです。消えないメッセージを彫ることで、指輪により愛着が生まれるはず。長く結婚生活を続けるための覚悟も芽生えるでしょう。
しかし、結婚指輪の刻印入れは、メリットばかりではありません。彫った部分は、くぼみがあるため、その部分に汚れがたまることがあります。簡単な洗浄サービスで汚れは取れると思います。購入時に確認することをお勧めします。

無料刻印サービス

●QDMでは、ブライダルリング内側へのメッセージ刻印(文字入れ)を、無料サービスにて承っています。ぜひ素敵な想いを指輪に彫ってみませんか。





大切な人との絆である結婚指輪。オリジナル感を出すためにも刻印を入れてみてはいかがでしょうか。ただし、刻印は簡単に消すことができないため、後悔のないものを慎重に選びましょう。おすすめはシンプルで飽きの来ないイニシャルや結婚記念日などです。個性を出したいなら、ユニークな刻印も参考にしてみてくださいね。



※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

公開日:2020.08.01

株式会社 ディアマン
代表取締役社長 片柳 宗久

東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル 1207

事業内容:
結婚指輪・婚約指輪、その他ダイヤモンドジュエリーの販売/直営インターネット通信販売サイト“QDM”(キューディーエム)の運営/宝飾販売ASPサービスの運営、企画

バックナンバー

Close