結婚指輪のデザイン

QDM COLUMN VOL.143

最新コラム

VOL.143結婚指輪のデザインの種類は?人気はシンプルデザイン

コラム執筆者

株式会社ディアマン代表取締役社長 片柳宗久

株式会社ディアマン
代表取締役社長 片柳 宗久

慶應義塾大学卒業後、株式会社ミキモトにて世界各地で仕入れを経験。その後、ミキモトアメリカ株式会社ミキモト装身具においても要職を務め、最年少で株式会社ミキモトの商品部長となる。上質な商品を見極める力には定評がある。2010年、株式会社ディアマンの代表取締役として、婚約・結婚指輪の通販サイトQDMを設立。

執筆者:片柳 宗久

結婚指輪は長く愛用するものです。20代で購入したとしても、70代、80代になっても着用するはずです。ずっと変わらず「お気に入りの結婚指輪」であり続けて欲しいですよね。結婚指輪選びというと、気になるのがデザインかと思います。ここでは結婚指輪のデザインにはどんなものがあるか、最近ではどんなデザインが人気なのか紹介しています。

結婚指輪のデザイン


一般的な結婚指輪のデザイン

結婚指輪のデザインとは、どのようなものがあるのでしょうか。よくある指輪のデザインを見てみましょう。



シンプルなストレート

指輪のライン(形状)がストレートになったものは、非常にシンプル。王道な結婚指輪とも言えます。男女共につけやすい指輪のデザイン。男性の結婚指輪デザインでは、ストレートが人気です。ダイヤがないストレートのデザインは主張が少ないため、スーツなど仕事着とも合わせやすいです。単純なストレートなデザインでも、リングの幅によって雰囲気も変わってきます。ダイヤや加工がないストレートデザインだと、女性の結婚指輪としては物足りないと感じるかもしれません。品のある個性を出したい方には次で紹介するデザインがおすすめです。

ウェーブ

ウェーブは波打つような指輪のデザイン。曲線があり、柔らかくやさしい印象をもたらせます。丸みのあるウェーブは女性に人気な結婚指輪のデザインです。ストレートと比べると、立体感があり、品のある存在感が出ます。

V字

リングにV字にカーブが入ったデザインがあります。こちらは、他の結婚指輪のデザインと比べると、珍しくて個性的。結婚指輪で自分の個性を出したい、他と差を付けたい、と考えている方に向いているデザインです。V字の先端に視線が集中しやすく、ワンポイントにもなるデザインです。V字の位置をずらして着用すると、リングの表情も変わって見えます。結婚指輪をファッショナブルに楽しみたい方に向いたデザインです。V字の角度が浅いか深いかでも印象が異なります。

ツイスト

リングの一部がねじれたデザインです。柔らかな立体感があります。曲線が女性らしいため、女性向けなデザインです。ねじれた分だけ立体的にはなりますが、リング幅が細いものが多く、目立ちすぎない品の良いデザインが多いです。ツイスト数によって印象が大きく変わります。

結婚指輪で人気なシンプルなデザインリング

結婚指輪で男女共に選ばれるシンプルなデザインリングについてご紹介します。

シンプルなストレートリング

まっすぐでシンプルなストレートリングは、主張が少なく、どんな服装に合わせやすいと言えます。シンプルを好む男性にも着用しやすいです。主張が少ないデザインであるため、婚約指輪との重ね付けにも向いています。結婚指輪は長く使うもの。飽きの来ないこのようなシンプルなものが人気となっています。

シンプルストレートマリッジリング


ストレート、ミルグレイン加工付きリング

単なるシンプルなストレートラインのリングはつまらない、物足りないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、あまり派手過ぎても…という方には、ミルグレイン加工付きリングがおすすめです。ミルグレイン加工とは、いわゆる「ミル打ち」のこと。小さな粒のデコボコを指輪の表面に打刻する加工のことです。ミルグレイン加工を指輪に施すことでリングが引き立ちます。そのため、デコラティブになりがち。しかし、ストレートであれば、その分シンプルになり、主張は強くありません。こちらはミルグレイン加工がありながらも、シンプルであるため、洋服とも合わせやすい仕上がりになっています。

ミルグレインマリッジリング


ストレート3粒ダイヤ入りリング

ストレートのみだと物足りないと感じる方には、石の入ったリングが良いかもしれません。こちらは、3粒ダイヤが入ったストレートリングです。ダイヤが3粒入ると、目立って派手に見えると気になる方もいらっしゃるでしょう。しかし、リング幅を狭めることで、リングが華奢になり品のある印象に仕上がります。可憐で清楚な印象のリングで、女性におすすめなデザインです。

シンプルストレートD3マリッジリング


結婚指輪はシンプルなデザインが人気

結婚指輪のデザインでお悩みならシンプルなデザインのものを選ぶと良いでしょう。世の中にはシンプルなものから、個性的なものまで、様々な結婚指輪のデザインがあります。個性的な結婚指輪のデザインを選んでしまい、のちに後悔してしまうこともあり得ます。若いときに結婚して、当時の趣味で選んでしまうと、後から服装のテイストと合わないということも…。そのため、結婚指輪のデザインはシンプルなものが人気なのです。

多くの女性が結婚指輪をデザインで選んでいる

「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」によると、結婚指輪を決める際に重視した点は次のとおりです。



デザイン92%、価格48%、リング素材35%、リングの品質32%、ブランド29%



9割以上の方が結婚指輪をデザインで選んでいるのです。また、この調査の結果から、結婚指輪の値段が希望とは異なっていたとしても、リングデザインが気に入れば購入するということがわかります。デザインは不変ですので、後悔がないように、結婚指輪はデザイン重視で長く使えるものを選ぶと良いでしょう。



結婚指輪選びでは、多くの方がデザインを重視しています。指輪のデザインで自分の個性を主張しつつも、長く使えて、飽きの来ない、服装に合わせやすいシンプルなものが好まれる傾向にあります。ダイヤなしのストレートリングは非常にシンプルです。しかし、シンプル過ぎると、親戚や友人に結婚指輪のお披露目したときに反応が薄いことがあるかもしれません。ミルグレイン加工付きのリング、3粒ダイヤなど、主張しすぎず存在感のあるリングが良いかと思います。幅が細身の指輪であれば、加工やダイヤを入れてもシンプルに見えますよ。結婚指輪のデザインは、派手になってゴテゴテしすぎないように、上手に足し算と引き算をしましょう。



※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

公開日:2020.08.15

株式会社 ディアマン
代表取締役社長 片柳 宗久

東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル 1207

事業内容:
結婚指輪・婚約指輪、その他ダイヤモンドジュエリーの販売/直営インターネット通信販売サイト“QDM”(キューディーエム)の運営/宝飾販売ASPサービスの運営、企画

バックナンバー

Close