おすすめの婚約指輪

QDM COLUMN VOL.145

最新コラム

VOL.145婚約指輪のデザイン、価格など後悔しないための指輪選びのおすすめは?

コラム執筆者

株式会社ディアマン代表取締役社長 片柳宗久

株式会社ディアマン
代表取締役社長 片柳 宗久

慶應義塾大学卒業後、株式会社ミキモトにて世界各地で仕入れを経験。その後、ミキモトアメリカ株式会社ミキモト装身具においても要職を務め、最年少で株式会社ミキモトの商品部長となる。上質な商品を見極める力には定評がある。2010年、株式会社ディアマンの代表取締役として、婚約・結婚指輪の通販サイトQDMを設立。

執筆者:片柳 宗久

婚約指輪は高額な買い物。いざ婚約指輪を選ぼうと思っても、どんなものを選んだら良いのか悩みませんか。飽きのこない、末永く使うためのおすすめデザインや、後悔しない買い物にするための婚約指輪のおすすめ価格などをご紹介します。

おすすめの婚約指輪


婚約指輪は高額な買い物。いざ婚約指輪を選ぼうと思っても、どんなものを選んだら良いのか悩みませんか。飽きのこない、末永く使うためのおすすめデザインや、後悔しない買い物にするための婚約指輪のおすすめ価格などをご紹介します。

婚約指輪でおすすめのデザイン

ここでは、婚約指輪のデザインでおすすめできるものをご紹介します。

婚約指輪のおすすめデザイン

前回のvol.144でもご紹介したように、婚約指輪にはソリティア、メレ、エタニティ、パヴェの4種類のデザインがあります。婚約指輪は50年以上は使うものですから、ご自身の好みやライフスタイルに合わせてお選びいただくと良いです。日常的に使うことも考え、洋服との相性も大切です。

婚約指輪を普段使いするなら、立爪なしがおすすめ

立体感がある立爪デザイン。こちらは伝統的なデザインで、立爪があることで、石の輝きを引き立たせてくれます。立爪デザインに憧れる女性も多いかと思います。しかし、石がリングから飛び出している分、日常使いしにくい面も…。婚約指輪を日常使いしたい方には、立爪なしのデザインや低くセットされた立爪がおすすめです。また、結婚指輪と婚約指輪の重ね付けが人気です。婚約指輪も、立爪なしのデザインにすれば、結婚指輪との相性がよくなり、重ね付けがしやすくなりますよ。ぜひ婚約指輪の日常使いも視野に入れて、指輪のデザインをお選びください。

婚約指輪、価格のおすすめは?

結婚に関する出費は婚約指輪の購入以外もあります。挙式、新婚旅行などにも費用がかかりますので、婚約指輪にばかりお金をかけるわけにはいきません。予算に見合ったリングを選びたいですよね。ここでは、婚約指輪の平均的な価格をご紹介します。

婚約指輪の価格はいくらくらいがおすすめ

「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」によると、婚約指輪の平均相場は36.8万円です。受け取る女性の年齢によって、平均相場が異なりますが、婚約指輪の価格はだいたい30~35万円。女性の年齢が上がるにつれ、婚約指輪の価格も高くなります。20代前半など、若い女性の場合は、婚約指輪の価格が安い傾向に。あくまで平均相場ですので、無理のない価格での購入をおすすめします。

婚約指輪選びでは、まずダイヤモンドの相場を知ることをおすすめします

婚約指輪に使用される石の多くはダイヤモンドです。婚約指輪の価値は、リングの素材、ダイヤモンドの品質などで決まります。ダイヤモンドの品質とは、一般的に4Cで決まるとされています。4Cとは、4つのCのこと。具体的に4Cをご紹介しますと、「Color(色)」、「Carat(大きさや重さ)」、「cut(輝き)」、「Clarity(透明度)」です。Carat(カラット)は聞いたことがある方も多いかと思います。婚約指輪を選ぶ際は、ダイヤモンドの相場を知ることが重要です。ダイヤモンドの価値を決める基準のうち、1番わかりやすいのは、「カラット」と言えるでしょう。カラットは重さの単位ですが、ダイヤモンドの大きさに一番影響します。「一般的な婚約指輪は何カラットくらいか」を知っておくと良いでしょう。

0.3ctで30~35万円

よく耳にするカラット。こちらは、先述したように石の価値を決める1つの基準となります。カラットは石の重さのこと。1カラットは0.2gです。「ct」(←「k」もカラットの表記方法だが、金に対する表記で、ダイヤモンドには使用しない)と表記されます。
カラット数が高いほど、価値が高く、価格が高いダイヤモンドと判断できます。婚約指輪のカラット数は、0.2~0.3ctが最も多いです。婚約指輪の価格は、このカラット数だけでは決まりません。そのため、一概には言えませんが、だいたい平均して、0.3ctで30~35万円ほどです。カラット数が低いほど、指輪の価格は安くなる傾向にあります。ダイヤモンドの重さや品質を確認、比較してご予算に合った婚約指輪を探してみてください。

おすすめの婚約指輪


婚約指輪はネットで買える

対面式の実店舗で売られている印象が強い婚約指輪。しかし、外出に制限がある現在では、ネットショップの利用が増えてきています。ここでは、婚約指輪のネット購入についてご紹介します。

婚約指輪のネット購入

実店舗では、店舗スタッフとデザインなどの相談しながら、商品を選ぶことができるというメリットがあります。しかし、コロナ禍では、対面ではないネット購入もおすすめです。ネットショップであれば、自分のペースでゆっくりと買い物ができます。さらにネットなら、どんな場所からでも、どんな時間にでも買い物ができるというメリットも。
仕事の都合で、実店舗には足を運べない方もネットショップならお買い物がいつでもできます。また、店舗間の比較もオンライン上ならしやすいですよね。自宅にいながらにして、婚約指輪の購入ができます。そのため、こっそりとお買い物をしておいて、恋人にサプライズプロポーズもできるのです。また、ネットショップには人件費がかかっていないため、高品質を保ちながら低価格で婚約指輪が買えるショップが多く存在します。価格の相場では0.3ctで30~35万円とご紹介しましたが、それよりも安い価格で購入できることもあるでしょう。ぜひネットで婚約指輪を探してみてはいかがでしょうか。

予算に見合った婚約指輪を見つけられるQDM

QDMでは、リングとダイヤを自分で組み合わせることができるセミオーダーサービスがございます。当店なら予算に合わせた婚約指輪をオーダーしていただけますよ。カラット数やご予算、輝きなどでメインとなるダイヤを選び、ご希望のデザインの指輪に仕上げることができます。カラット数は妥協したくないけれど、価格は抑えたいという方もいらっしゃるでしょう。QDMなら、カラット数は平均的な0.3ctで16万円から販売しています。



婚約指輪は長く使うものですから、ずっと楽しめるデザインを選びたいですよね。シンプルなデザインだと飽きがこないためおすすめです。婚約指輪の価格は30~35万円くらいが一般的。後悔しない買い物をするためには、しっかりと結婚指輪の相場を知った上で買い物をしましょう。QDMをはじめとしたネットショップであれば、オンライン上で価格比較もしやすく、調べながら自分のペースで買い物ができるので、おすすめできます。



※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

公開日:2020.09.24

株式会社 ディアマン
代表取締役社長 片柳 宗久

東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル 1207

事業内容:
結婚指輪・婚約指輪、その他ダイヤモンドジュエリーの販売/直営インターネット通信販売サイト“QDM”(キューディーエム)の運営/宝飾販売ASPサービスの運営、企画

バックナンバー

Close