婚約指輪を購入する場合、「フルオーダー」「セミオーダー」「既製品」といった選択肢があります。特徴やメリットをご紹介。

QDM COLUMN VOL.42

最新コラム

VOL.42 購入前に覚えておきたい「婚約指輪」のオーダー種類

ダイヤモンドが美しく輝く婚約指輪は、女性にとって一生の宝物になるものです。 それだからこそ、彼女が心から気に入るものを贈りたいところですが、この婚約指輪には大きく分けると「フルオーダー」「セミオーダー」「既製品」の3つの種類があることをご存知でしょうか。それぞれの特徴やメリットを学んで、自分と彼女にぴったりの種類を見つけましょう。

婚約指輪のオーダー種類

世界に1つだけの婚約指輪「フルオーダー」

デザインに強いこだわりがあり、周りとはかぶりたくないという方に支持されているのが「フルオーダー」です。 形や見た目などのデザインはもちろん、素材や石の置き方まで自分で考えられるため、世界に1つだけの婚約指輪を手にすることができます。 作製開始から完成までには2~3ヶ月ほどかかるため、時間に余裕をもっておくことが大切です。


作りやすさとこだわりのバランスが◎「セミオーダー」
「こだわりの婚約指輪が欲しいけど、1からデザインする自信はない」という方から注目を集めているのが「セミオーダー」の婚約指輪。 いくつかのパターンの中からリングや石、素材などを自分で組み合わせることができるため、予算や理想の形をイメージしながら作れるのが魅力です。 店舗や時期にもよりますが、完成までには1~1.5ヶ月ほどの期間が必要なため、こちらも余裕を持った計画が必要です。


フルオーダー・セミオーダーの最大の利点
フルオーダー・セミオーダーの婚約指輪の最大の特徴は、新婦となる方以外、誰もその指輪に指を通していないということです。新婦のもつイメージからすると、この2つの注文の仕方がお勧めと考えます。


完成形が目で見て分かる「既製品」
「既製品」の婚約指輪は、完成の形を目で見て確認ができ、手に取って質感や着け心地をチェックできるところが魅力です。 オリジナリティが欲しいという場合には、名前や記念日などの刻印をプラスすると◎ また、フルオーダーやセミオーダーと比べて手元に届くまでの期間が短いのもメリットの1つです。店舗や時期によって左右はしますが、早くて2週間~1ヶ月ほどで手に入れることができます。


婚約指輪を選ぶときにはデザインや素材などに悩みがちですが、まずは3つの種類から1つを選んでおくと、スムーズに指輪探しをすることができます。 彼女にぴったりな素敵な婚約指輪との出会いを探しましょう。


※取扱い店舗やアフターサービス等については、変更がある場合がございますので、ご確認ください。

バックナンバー

Close